バイアグラの魅力に迫る!

若さと自信を取り戻せる男の味方

ばいあぐらの歴史

現在、日本の病院で処方されるED治療薬は3種類ありますが、曽於の中でも最も歴史があるのがばいあぐらです。
これはアメリカのファイザー社が研究開発した薬品で、現在では世界各国で利用している人がいます。
1998年にアメリカで発売、さらに1999年には日本で認可されました。
通常医薬品の認可には数年を要する事が殆どなのですが、これだけの短期間で認可されたと言う事はそれだけEDで悩む人が多くいると言う証明でしょう。
現在では病院での処方だけでなく、海外医薬品の個人輸入でも、ばいあぐらを手に入れる事はできます。
日本ではまだ病院での処方のみで市販はされていません。
しかし海外では既に市販されている所もあるので、そこを利用して入手するのが医薬品の個人輸入と言うシステムです。
有効成分はシルデナフィルで、その量に応じて25㎎と50㎎が処方されます。
初めて利用する時は出来るだけ少量の物から始める事、さらに効果が強く出すぎると言う時や、体が小さい人が利用する場合はピルカッターで小さくして利用する方が良い場合もあります。
服用する時は、水またはぬるま湯を用意して飲みます。
食事の影響を受けやすい薬なので、効果を感じたいのであれば空腹時に服用しましょう。
空腹時に服用すると胃痛を起こしてしまうのではないかと思う人もいるかもしれませんが、そういった心配は不要です。
服用によって胃酸の分泌が増えてしまう事はないので、胃壁を何かでコーティングする必要はありません。
胃痛予防として牛乳を飲む必要無く、かえってその成分によって薬の吸収を阻害してしまう事も有ります。
服用する事によって、それまではなかなか勃起しなかったと言う人でも勃起力を高める効果が期待できます。
血流量をアップさせるので、勃起時のペニスの硬度も高める事が可能です。
血流量をアップさせる薬は他にもありますが、ばいあぐらの場合はそれを服用する事によって勃起抑制成分の働きを抑える効果が期待できます。
そのため、性的興奮を覚えると勃起し、その状態を維持することもできます。
ただ、とても効果が期待できると定評のある薬ですが、副作用が起きてしまう事も多々あるので注意が必要です。
主な症状としてはのぼせやほてり、頭痛、鼻づまり等です。
また目の前が青く見える事があると言う報告もあります。
しかしこれらの症状は薬の効果が切れる頃にはなくなっていくので、それほど神経質になる必要はありません。
ばいあぐら等のED治療薬は用量・用法を守って正しく利用すれば、とても安全に体にも負担を出来るだけ掛けずに利用できる薬だと言って良いでしょう。